洗顔の時にきめが細かい泡をつくる理由は?

美肌の基本といえば洗顔。でもこの洗顔ってけっこうむずかしいですよね。普段何気なくしている洗顔ですけど、意識してチェックしてみるとけっこう洗顔方法にアラが見えます。とくにむずかしいのが、しっかり泡立てること。モコモコした泡をつくりたいのですが、きめが細かい泡ってむずかしい。泡をつくる時は、きめが細かいモコモコした泡が良いといわれていますけどどうしてきめの細かいモコモコした泡が良いのか疑問ですよね。どうして、きめが細かいモコモコした泡が良いのかというと、泡の表面積が大きくなって、汚れも吸着しやすいくなるからなのだそうです。

たしかに、泡の表面積が大きくなると、より汚れを落としてくれそうですよね。見た目が同じぐらいの大きさの泡だったら、細かい泡がたくさん集まってできた泡の方がきれいになりそうですよね。それに、すすぎもしやすいのだそうです。肌の汚れがたくさん落ちると思ってしっかり表面積の大きいきめの細かい泡をつくるようにがんばりたいですね。